どこでナラの一枚板の家具は購入できるのか

天然木の一枚板の家具というのは、頑丈で気持ちが良いものです。本当に長持ちする物が多く、孫の代までというのは、大げさな話ではありません。重厚感もあり木目の美しさを味わう事ができます。その中でもナラの木は明るい色合いに虎の斑点のような美しい模様、そして硬さと耐久性が強く、大型家具に適しているとも言えます。最も大型機材が普及する以前は加工が難しくあまり好まれるものではなかったようです。北海道から九州まで生息しており醸造樽にも使われている丈夫さです。一枚板になる国産の木の種類は多く、栗、銀杏、胡桃、ケヤキ、柿、桜、楓、スギなど有名な物から、あまり聞かない物まで様々ありますが、高級家具に使われるものはナラや桑のようです。ネット等で販売している工房などで購入することができます。

家具は生活に影響を与えることがあります

大型量販店でナラの一枚板の家具を見ることはあまりありません。安さを売りにしているわけですから、材料から希少である一枚板の商品は、非常に高額になりますから取り扱いが難しくなります。もちろん安い家具にもメリットはあります。気軽に使用できますし、気軽に買い替えることができます。部屋の模様替えや気分を変えたい時、独り暮らしを始める時など、とても便利に利用できます。しかし反面、長く利用するものには適しません。たとえば家を購入した時、一枚板の家具がひとつあると、その家具を中心に家の家具の色合いなどが決まってきます。無駄に浪費をする話ではなく、一つでも重厚な家具があることで、他の家具もまた近いものに見えてくることもありますし、扱いの軽くなるような家具ではなく、丁寧な扱いをするものに変わっていき、生活が少し変わることもあります。

家具になったナラの木も呼吸をしています

もちろん一枚板で丈夫な家具にも欠点があります。昔、着物は桐の箪笥に入れるのは、防虫効果、消臭効果があり、木が呼吸をしているので湿気にも強く、気密性、防火性にも優れていて丈夫であるという利点があったためですが、このように木の特性は良い方向にだけ向かう物ではありません。ナラの木は、とにかく高額になります。加工が難しく、模様の美しい木になればさらに高額になります。そして木の家具全般に言えますが、板が反り返る可能性もあります。これは木がまだ呼吸をしており、加工する際、乾燥をさせ水分を調整して加工しても、日を追うごとに変化するからです。この時、反り返りの可能性を前以て教えてもらえる家具屋なら良いですが、教えてもらえなければ、反り返った時の対処方法もわかりません。ですから誠実な家具屋や工房を探すことが必要になります。