最近人気があるナラの一枚板の家具

ナラの一枚板を使用した家具が今人気を集めています。ナラとはブナ科の一つで、日本全国で伐採する事ができます。伐採すると大量の水を出するので別名でミズナラと呼ばれおり、木材関係でナラという時はミズナラの事を言う場合が多いです。特に北海道産が良質とされており、道産の楢と呼ばれて、輸出もされていました。しかし、流通量としては安定していないのが原状となっているようです。国産ウイスキーを作る際の熟成樽としても利用されており、国際的にも高評価を得ています。現在、国内で流通している大半のものはモンゴリナラであって国産材と見分けはつきにくいです。ナラは主に家具、内装、椅子、床材、器具、車両、洋酒樽、建具、化粧用単板など幅広い用途に使用されています。ブナとともに曲木の材料に適しています。

ナラの一枚板が持っている特徴とは

ナラは、日本では古くから家具に使われている木で、非常に固いことが特徴です。そのため、頑丈な家具を作ることができます。高級材であるため、家具への使用は少なくなっています。現在日本では北海道でしか生産されていない材料とされています。虎斑と呼ばれる斑点が特徴ですが、オーク材にも似た斑点がでるので、木に詳しい人でない限り判別に悩むことが多いです。その見た目から、海外ではオーク材と混ざっていることもあるので、注意が必要です。木目に特徴的な斑点のようなものがあるので判別は容易でありますがホワイトオークに似ているので注意が必要となります。一枚板の家具や、曲げ木がしやすいためチェアにされることも多いです。ナラの木材は他の木材の中でも高価な物になります。しかしその点材質としてはとても良い物なので長く使えます。

ナラの一枚板を使ったフローリング

最近では、新築で家を建てる際にナラの一枚板を使ったフローリングが人気を集めています。ナラの木材は、そのものが非常に強度のある素材であるため、床材として使用するにもピッタリなのです。土足で出入りするスペースに用いられることもあるほどです。擦ったり、物を落としたりしても傷が付きにくいのが特徴で、遊び盛りのお子さまのいる家庭にもおすすめです。その優しい色合いは、和風にも洋風にもなじみやすいです。パイン材よりも濃い色ではありますが、ウォルナットのような渋さはないので、家具のテイストによって、さまざまな雰囲気が楽しめるのがナラ材の特長です。子供がいる家庭にも優しい木材というのがうれしいポイントです。少し値が張ってでもナラの木材を選んでみるのも良いのではないでしょうか。